(un)visual latency
Anais-karenin 
08/10/2021 - 31/10/2021​​​​​​​
URADANA Gallery​​​​​​​, 2-57-7 Kyojima Sumida
ONA project room is excited to announce its collaboration with Tokyo based, Brazilian artist Anais-karenin and Sumida Art Expo 2021.
At “(un)visual latency” the essence of plants and nature is questioned, making a reflection about the color green, and creating a game between the visible and the invisible. The exhibition portrays the attempts to understand plants, in search of those that create the portals of connection and access the sculpture of their immanence.
For this special project, we leave UNTITLED Space to show the beautiful work of Anais-karenin at URADANA Gallery. The project is part of Sumida Art Expo 2021, an art event that takes place in October in the Sumida area.
この度、Sumida Art Expo 2021の期間中にONA project roomはAnais-karenin「(un)visual latency」を開催いたします。
「(un)visual latency」は、植物や自然の本質を問い、それらは緑という色に反映され、見えるものと見えないものの間に対話が生まれる。この展覧会では、そんな植物を理解するための試みが表現されており、植物との繋がりのきっかけ作り、その内在性の彫刻にアクセスすることを目標としています。
今回はUNTITLED Spaceに出展することではなく墨田区にあるURADANA Galleryで一ヵ月かけて展示します。​​​​​​
About the artist:
Anais-karenin is a Brazilian artist and researcher. Creating mainly sculptures, installations, videos and sound, she works from speculations around non-existence of the dual nature, by proposing a symbiotic vision between organic and artificial actions and materials, invoking animism and coexistence. During 8 years she made cross-cultural studies about herbs from folk knowledge. She studied visual arts and is currently holding a Phd in Visual Poetics by São Paulo University (Brazil) and running a Visiting Research at Waseda University (Japan). 
Instagram @anaiskarenin
Anais-kareninは、日本在住のブラジル人アーティストであり、研究者。主に立体芸術、インスタレーション、ビデオアート、サウンドアートを得意とする。二元的な自然の存在を追求しながら、有機的かつ人工的な素材にも着眼点を置き、アニミズムとそれらの共存などを、作品を通じて表現する。8年間、ブラジルの民間伝承のハーブに関する研究や、異文化研究を行う。大学時代は視覚芸術を学び、現在はサンパウロ大学(ブラジル)のコンテンポラリーアート科の博士過程に在籍しながら、ビジッティング・リサーチャーとして早稲田大学(日本)に在籍中。日々、自身の研究に精を出している。
Instagram @anaiskarenin

Photo by Tanaka Ueno

About Sumida Art Expo:
すみだ向島EXPOは、1923年の関東大震災、1945年の東京大空襲という歴史的災禍をくぐり抜け、“長屋文化”を背景に独自の進化を遂げ続けてきた、すみだ向島を舞台にした体験型芸術祭です。向島エリアに多く残る、住居同士を板で仕切った一棟建ての集合住宅=「長屋」が戦前から育んできたユニークな生活文化 の価値を、社会が変革する今あらためて評価します。現在なお残る風景を次世代に継承していくため、芸術を通してその価値を内外に発信します。
Back to Top