面影 OMOKAGE
Yulia Skogoreva 
30/09/2022 - 02/10/2022
UNTITLED space, 
3-13-7 Kyojima, Sumida City, Tokyo. 131-0046
Open: 12.00 - 19.00 pm
Omokage in Japanese means an appearance reminding of someone or something. This is also the title of the photographic research inspired the relationship between Katsushika Oi and her father, that artist Yulia Skogoreva is going to show at UNTITLED space in September, as a part of 汽水域 /kisuiiki series.  
This exhibition portrays the stories of five female creatives working in Japan, examining ideas of identity and the different elements within us. Through the series of interviews and meetings, the stories will be illustrated through photographic research in which artist will investigate the influence of father-daughter relationships on the protagonists's artistic growth and path. 
面影(記憶によって心に思い浮かべる顔、姿、物や出来事)

葛飾北斎と応為の父娘関係に関心をもったスコーゴレワは、日本在住の5人の女性クリエイターのストーリーを追った写真インスタレーションを発表します。クリエイターたちへインタビューを行いながら、彼女たちの創作のなかに見え隠れする父娘関係を模索しました。海水と淡水が混じり合う汽水域のように、彼女たちのなかに混在する父親のプレゼンスを見つめながら、わたしたちのなかに混在するものを問いかけます。
​​​​​​​
Workshop with the Artist!
During this intensive photography workshop, participants will get an opportunity to sharpen their eye and draw the outlines of a personal photographic language. At the workshop, Yulia will introduce one of her favorite photographic tools - an instant camera and share her insights about visual communication. Participants will be able to learn new approaches to instant photography and exercise the new skills with the recent model of Instax camera kindly provided by Fujifilm for the event. 
Date: 1 OCT 2022 (sat)
Time: 9.00 - 13.00
- Participants should prepare: a portfolio (5-10 images they took in the past (prints /PDF-file / folder with selected JPEGs)),  notes
Cameras for the workshop are provided by Instax FUJIFILM
- workshop capacity - 7 people (the workshop is open for absolute beginners as well as people with photographic experience)
- registration required
- fee - 1000円 (paid at the venue)

ワークショップに参加しよう

このワークショップでは、写真を通していかに語るかということを参加者のみなさんと考えていきます。ユーリアが好んで使用するインスタントカメラを使って、彼女が視覚コミュニケーションをいかに実践しているのかを紹介します。富士フィルムのご協力により、参加者のみなさんは最新モデルのINSTAX"チェキ"を使用しながら、インスタントカメラの技法と考え方を学びます。

日時:2022年10月1日(土)
時間:9:00〜13:00
- 参加者に用意していただくもの:
参加者が用意するもの:過去に撮影した5〜10枚の画像のポートフォリオ(プリント/PDFファイル/選択したJPEGの入ったフォルダ)、メモようのノート。
ワークショップで使用するカメラは富士フイルム株式会社より提供されています。
- 定員: 7名
- 要予約
- 参加費: 1000円(当日会場にてお支払いください)
協賛:富士フイルム株式会社
About the artist:
Yulia Skogoreva is a Tokyo based fine art documentary photographer. She majored in Japanese studies at Moscow State University, where she worked as an interpreter for butoh dancers. This experience pushed her to start using photography as a way to portrait dancers, and asks questions about contemporary Japanese society. 
Yulia have won national and international photography awards, and her works was exhibited during many exhibitions and festivals in Japan, as well internationally. 
 ファインアート・ドキュメンタリー写真家。東京を拠点とする。 
モスクワ国立大学で日本学を専攻し、舞踏家の通訳をしたことがきっかけで、ダンサーの写真を撮り始める。
ダンスという角度から、現代日本社会が抱えている課題を問う。国内外の写真賞を受賞。展覧会、フェスティバル参加多数。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
主催:ONA project room、「隅田川 森羅万象 墨に夢」実行委員会
共催:墨田区  
協賛:株式会社東京鋲兼, 東武鉄道株式会社
※ 「隅田川 森羅万象 墨に夢」実行委員会 事務局は(公財)墨田区文化振興財団が担っています。
Back to Top